電子書籍の自炊を安く始める方法!8万→4万まで初期投資は下げられる!

自炊の初期投資が高すぎる!

Kindleなどの電子書籍に慣れきってからほとんど紙の本は買ってません。
家にある本をすべて電子化しようと思いましたが、
まともなスキャナと裁断機を揃えると8万ぐらいしてしまう、、、
あまりに高すぎるので調べまくって、8万→4万の半額ぐらいで自炊環境を整えました!

8万→4万で自炊環境を整える

自炊に必要なものとしては以下です。

  • ドキュメントスキャナー
  • 裁断機
  • カッター カッターマット(100均一のでOK)
  • さしがね(L字の定規みたいなやつ)

特に、ドキュメントスキャナーと裁断機は高く
定番品を買うと両方で8万ぐらいかかりますが、俺が厳選した安くていいものを選べば4万の50%OFFで自炊環境が整います。

ドキュメントスキャナはEPSON DS-530が安くておすすめ

定番は富士通のScan Snapみたいですが、コレが4万ぐらいして結構高いですよね。
EPSON DS-530は3万1千ぐらいで買えます。
スペック自体も大差ないですし、読み取り速度に至ってはDS-530のほうが上です。

Scan Snap ix1500

スキャン速度 30枚/分


DS-530

スキャン速度 35枚/分

思いの外小さくて軽い本体ですがかなりの能力を秘めています。

裁断の極意

裁断機は9千円ぐらいで買える中華裁断機とよばれるものを使いましょう。
製品名は858A4です。

A4ペーパー裁断機

安くてよく切れる858A4

カッターでバラすのは面倒なので、10冊以上電子化する場合は裁断機を購入しましょう。
色んなサイトでは3万~4万する裁断機がおすすめされてますが、裁断機にそんなにお金はかけられませんよね。
中華裁断機とよばれる858A4は、1万円前後で購入できてジャンプぐらいの厚さでも一気にぶった切れます。

実際に裁断したのですが、結構分厚い本でも一発で切断できますよ。

デメリットとしては、切れ味は「バツグン」だけど切断面が若干斜めになりますが個人的には気にならないレベル、どうせスキャンしますしね。
また、重量が17kgでものすごく「重い」ので注意してください。足に落としたら多分骨折します。

検索方法が厄介なのですが、楽天やAmazonで「858A4」と検索するとでてきます。
値段はバラバラですが1万あれば買えるので無駄に高いところから買わないように注意しましょう。

操作方法

片手では裁断できません。安全装置を押しながらじゃないと刃の操作ができないようになっています。
やっぱり刃物なので最新の注意を払って使用しましょう。
切った背表紙を払い出す時は、指を突っ込むのはNGで長い棒などを使って取り出すようにしましょう。
たぶん刃が落ちてくると指が飛ぶので。

表紙の処理

表紙は素材や厚みが違うので単独でスキャンするほうがいいです。 。
ハードカバーや極端に特殊な素材でなければ普通にスキャンできますよ。
個人的に裏表紙は不要なのでスキャンしていません。

表紙をスキャンしないと見開きのページがズレます。

スキャンの極意

表紙がないと見開きのページがズレるのでスキャンしましょう。
ハードカバーや極端に特殊な素材でなければ普通にスキャンできますよ。
個人的に裏表紙は不要なのでスキャンしていません。

Epson Scan 2の設定

イメージタイプは基本的に「カラー」で行います。


環境によるかもしれませんがどうも自働にするとグレースケールのものが白黒と判定されてしまい、
画像がめっさ汚くなるので基本はカラーでやったほうがいい感じです。

グレースケールの画像が白黒判定されて潰れてしまった


小説の場合は「グレー」にしましょう。カラーだと紙の色までスキャンされてしまいました。
「モノクロ」は本当に黒と白の2色になってしまうのであまり使うシーンはなさそうですね。

解像度は300dpiで十二分

理由としてはスキャン速度が段違い、大量の本を片っ端から電子化するので速度は重要ですよね。
動画を見ると一目瞭然です。

600dpiスキャン

300dpiスキャン


スキャン画質も300dpiで十分綺麗なのでまったく問題ありません。

原稿待ち受けモードを使用する

スキャンする本が1冊まるまるセットできない時には、原稿待ち受けモードが便利です。

スキャンが完了するとダイヤログが表示されて待ち状態となり、原稿をセットすると再びスキャンが開始されます。

PDF編集・結合ソフト類

スキャンしたPDFを結合・編集したい場合のソフトです。
どちらも無料なので下記のURLからダウンロードして使ってくださいね。
https://www.cube-soft.jp/

PDF結合 Cuba PDF Page

複数の書籍を一つのPDFにしたい場合
Cube PDF Pageを使って結合しましょう。
使い方は簡単で、結合させたいPDFをドラッグ&ドロップして
【結合】ボタンを押すだけです。

PDF編集 CubePDF Utility

いらないページがある時や、追加したいページがある時はCubePDF Utilityを使ってPDFを編集しましょう。
閲覧ソフトで見開きページがズレる場合は、このソフトで適当な白い画像を表紙の次に挿入すれば解決できます。

こちらも使い方は簡単で、開くでPDFを開きます。
その後、挿入・削除などのメニューを使用してPDFをページ単位で編集することができます。

読まない本の処分

これは結構大事で、読まない本の電子化はやめて処分するようにしましょう。
本棚の肥やしからデータの肥やしになるだけです。

4万ぐらいで始める自炊生活!

本棚がすごくスッキリするので、本で圧迫されていたスペースが開放されるのが本当に気持ちがいいです。
4万程度の初期投資で始められるので、今まで自炊始めるのに10万近くの費用がかかることに躊躇していた人におすすめです!