TomoLog

-ノリと勢いの多情報 音楽情報が多いかも-

YAMAHA THR10はいい音するよ!1台あると便利なアンプ。その1

      2017/03/28

AMP_R

小型アンプの必要性 アンプシュミはめんどくさい!

アンプ?いやいやアンプシミュレーターあるしハードのアンプとか必要ないっしょ?

スポンサーリンク

そんなふうに考えていた時期が俺にもありました……

しかし、アンプシミュレーターは音が出るまで以下の手順を行う必要がある!

  • PCの電源を入れる(俺みたいに年中つけっぱの人はスキップできる)
  • スタンドアロンじゃない場合DAWを立ち上げる(結構時間かかるんだよねこれ。。)
  • DAWでオーディオトラックを作成し、プラグインインサート
  • ギターをオーディオIFにつなげ音が割れないように入力レベルを調整
  • プラグイン上でプリセットなりなんなりを選ぶ
  • やっと音がでる

うん……くそめんどくさい!

上の手順がめんどくさすぎてギターを弾く気が失せてしまう。

そうギターの練習を行うのにプラグインタイプのアンプシミュレーターはあんま適してないのだ!

その点小型アンプはあれば……

  • アンプにシールドIN!
  • 電源ON!
  • はい音でる!

たった3ステップ!時間で言うと10分は違うと思う。

おすすめ小型アンプ YAMAHA THR10

小型アンプといえどやっぱりいい音で弾きたいよね?エレキギターの音はアンプとギターで作るもんだし。

そこでおすすめなのはYAMAHA THR10。これは見た目も音も最高な最強の小型アンプだと思う。

かっこいいっしょ?見ためが。電源のディップスイッチといい、持ち手の無骨さといい。なんともノスタルジックー

しかもスイッチONにすると真空管みたいに光る!真空管は入ってないけどテンション上がるよねー

DSC_0012_R

基本的なコントロールは

DSC_0008_R

  • GAIN
  • MASTER
  • BASS
  • MIDDLE
  • TREBLE

としっかりそろっている。

ただ見た目こそノスタルジックだけど中身は強力な真空管アンプモデリングを搭載するガチガチのデジタルアンプなのだ!

THR10のモデリングタイプ

1番右のツマミでモデリングのタイプを選ぶ。

MODELING_CNT_R

モデリング元は俺の独断と偏見で推測するに。

  • CLEAN     → Fender Twin Reverb
  • CRUNCH    → VOX AC30
  • LEAD     → Marshall JCM800
  • BRIGHT HIT →   JCM200
  • MODERN        →   MESA BOOGIEかPeaveyとかハイゲイン系
  • BASS             →  Ampegの真空管モデル?(ベース用)
  • ACO               →  わからん(エレアコ用)
  • FLAT              →  モデリングなし

上記のそうそうたるアンプが使えるとか最高すぎだよね。

あ、合ってなくても怒らないでね。

肝心のサウンドはどーよ?

まずは歪みから。ギターはFUJIGEN EXPERT OS ピックアップはリアで、ハムバッキング。

モデリングタイプはBRIGHT HITでセッティングは以下のようにしている。

Overdrive

いい感じの歪みですねー

次はクリーン。ギターは同じ。ピックアップはリア・センターのハーフトーン。

モデリングタイプはCLEANでセッティングはこんな感じで、コーラスとスプリングリバーブをかけてる。

clean_EX

定番の音ですがきれいだね

どうでしょう?いい音でしょ?小型アンプとは思えない。やっぱりいい音だと練習も捗るんだよねー

普通に使うとしても優秀なアンプなんだけど、PCとの連携もかなり考えられてるアンプなんだなー

その紹介は次の記事で!

その2書きました!

THR10があればDTM初めれるぞ!THR10レビューその2

ここまで読んでくれてありがとう。ぜひフォローしてねよろこぶから

 - 機材, 音楽